未来のキャリアを考えよう!オフィスを出て、先輩の話を聞きに行こう。 〜キャリアログ・ミートアップ〜

2016-08-03(水)19:30 - 21:30

Shibuya CDC

東京都渋谷区神南 1-12-16 和光ビル 5F-B

及部 敬雄 丸田 晃久 Tatsuya Sato Yamaki Hiroshi Taiki Yoshida + 6人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

他のデベロッパーのキャリアの考え方を知って、自分のものにする。

これからどう道を選んでいくか、自分と向き合い、考えるのはなかなかパワーがいることです。
道が無いというよりは、選択肢が多すぎることが、悩ましさを増幅しているように思います。

明確にまだ現場を移りたい意思があるわけではないので、後ろをせっつかれるようには、決めかねる。
どんな道があり、どんな可能性があるのか、もっと深く知りたい。だけど時間もたくさんあるわけではない。
それでいて、周りと相談する機会はまだまだ多くはない。

自分の選択肢と向き合うためには、他の人がどのような道をいつどうジャッジしたのか を知ることがその支えになるはずです。
このイベントでは、会社や技術領域を越えて、先輩デベロッパーの方をお招きして、その考えを伺います。

内容

前半では先輩デベロッパーの方にお話を頂きます。
後半では、参加者の皆さんから質問や疑問などにお答えしながら、デベロッパーのキャリアについて皆さんと一緒に議論したいと思います。

キャリアログ・ミートアップって?
私達が運営するサービスに、キャリアログというサービスがあります。このサービスを通じて、デベロッパーがキャリアを考える機会を増やしていきたいと考えています。本ミートアップは、その一環として企画致しました。

話し手:増田 亨さま

「増田流ソーシャル・チェンジ論」

エンジニアの成長を促す“職人モデル”の本質とは

1980年、東京大学文学部を卒業後、富士通に入社。管理系の部署に配属されるが、コンピュータやソフトウェアの開発に従事すべく退職。電子会議システム販社やコンサルティング会社などを経て、2000年にEC開発会社の社長に就任。2003年に個人事務所を設立。さまざまなプロジェクトに携わるなかで、当時会社員だった市谷聡啓(現・ギルドワークス代表)と出会って意気投合。2014年、ギルドワークス取締役に就任し、現在に至る。

話し手:小芝 敏明さま

「小芝流“やってみなはれ”の極意」

組織づくり仕組みづくりの原点は公園の砂場にあった!?

2003年、大阪経済大学経営情報学部を卒業後、独立系SIerに入社。マイグレーションや基幹系業務システム開発等に携わる。2008年、知人の興したシステム開発会社に転職。仕事は充実していたが、より直接的に事業に携われる職場を求めて2010年にVOYAGE GROUP入社。2013年、イラストコミュニケーション・サービスで知られるピクシブに転職し、広告配信システムの開発や開発チームマネジメントを手掛ける一方、人材採用や育成など今までにない業務に従事してキャリアを伸ばす。2015年6月、アニメイトラボ最高技術責任者(CTO)に着任。現在に至る。

座談会 ファシリテート : 市谷 聡啓

プログラマーからキャリアをスタート。SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発のマネジメントを経て、ギルドワークス代表に。それぞれのフィールドから得られた実践知で、ソフトウェアをお客様・開発チームと共創します。

19:00 -    開場
19:30 - 19:40 本イベントの趣旨について
19:40 - 20:10 「増田流ソーシャル・チェンジ論」
20:10 - 20:40 「小芝流“やってみなはれ”の極意」
20:50 - 21:30 座談会


ご案内

本イベントは無料です。

キャリアログ
https://careerlog.jp/

■協賛
一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会
http://www.railscp.com/

コミュニティについて
キャリアログ

キャリアログ

キャリアログは、エンジニア・デベロッパーが職歴・スキル・年収などを比較することで、立ち位置を把握し、次のキャリアの一歩を踏むためのサービスです。 https://careerlog.jp/

コミュニティに参加